治したい!この嫌なニキビを!

治したい!この嫌なニキビを!

ニキビを経験した人は90%以上とほぼ全員が経験者

ニキビは嫌

 

ニキビを経験した人は90%以上とほぼ全員が経験者という知名度が高く、経験談も多いニキビ。

 

もっとも発症する年齢は13歳から18歳と言われており、まさに「青春時代の象徴」として考えられても入られます。

 

ただ、ニキビは青春時代のホルモンバランスが崩れやすく体の成長とつながりやすいものとして受け止められていますが、実はしっかりとした病名もあるものなのです。

 

ニキビの正式名称とその症状

 

ニキビの正式名称をご存知でしょうか?正式名称は、尋常性ざ瘡と言われています。

 

症状としては、毛穴につまってしまった皮脂などが原因で、体の外へ老廃物をスムーズに排出できにくくなっていることから肌が慢性的に炎症をおこしているものや、ひどい場合には、毛穴に膿がたまりその付近は赤く変色したり時には黒く変色することがあります。

 

 

ニキビ対策の洗顔料

 

ニキビの原因菌として認知されているのは「アクネ菌」です。

 

一度は耳にしたことがある菌の名前ではないでしょうか?アクネ菌は皮脂を好んでおり、皮膚の奥深くで生息し栄養分を吸収しています。

 

特に、13歳から18歳は、成長ホルモンが分泌されていますので、アクネ菌にとっては栄養価の高い皮脂が常に湧き出ている状態なので、格好の生息地となっています。

 

そのため、アクネ菌のの活動を抑えたりアクネ菌自体をやっつけるひつようがあるので、洗顔料も「アクネ菌」というものをピックアップしているという状態です。

 

洗顔料選びとニキビ

 

注意したい洗顔料選び

 

清潔にしておけばアクネ菌の繁殖を抑えることができる。

 

というのは確かに正解ではあります。

 

しかし、洗顔料の選び方には注意が必要です。

 

例えば、殺菌力の高い洗顔料を使用すると敏感な肌になってる方や、もともと敏感肌をお持ちの方にとっては防衛反応としてさらに過剰な皮脂が分泌されるようになります。

 

また、顔をゴシゴシと強くこすることも危険です。

 

顔の表面というのは非常に体の中でも敏感な場所。

 

すぐに反応してしまいますので、手で十分に泡を作ってから泡だけで洗うくらいがベストと言われています。

 

手のひらで滑りをとるためにゴシゴシ、水をバシャバシャとかけつづけているのは一瞬は気持ちが良いかもしれませんが、たちまち以前より悪化したお肌の状態へと逆戻りしてしまう恐れがありますのでご注意が必要です。

 

ピーリングにも注意が必要

 

ニキビ対策には、ピーリングも有効な場合があります。

 

しかし、欲張ってピーリングを頻繁に行ったりすると、肌がガザガザになってしまうこともあるので注意が必要です。

 

肌細胞にも入れ替わりのために時間が必要ですから、ピーリングをやりすぎるのは注意が必要です。

 

また、背中ニキビの場合は、自分でピーリングしたり、ピーリング後の保湿が難しいので気をつけましょう。

 

背中ニキビについては、エステなどで施術してもらうのもいいでしょう。参考:背中ニキビのおすすめエステ 

 

 

 

ニキビには色がある?

 

ニキビには色があるのをご存知でしょうか?

 

ニキビができたことがある人には見たことがお有りかと思います。

 

例えば、白ニキビ。

 

白ニキビは、ニキビができた箇所の頭部にぽつんと白い跡が残るもの。

 

皮脂のつまりからラードと呼ばれる皮脂の塊が目に見えている状態のことを言います。

 

そのまま放置することで自然と取れることがあります。

 

それは白ニキビのしたからさらに新しい余分な皮脂が分泌され外へ排出されようとしているからです。

 

しかし、スムーズに排出が行われなくなると出口を塞がれたニキビは皮膚の内部に残りやがて膿へと変化していきます。

 

その結果、お肌が赤くただれてしまい、膿がそとへ押し出されて液体状のものがでてくるようになります。

 

また、黒ニキビと言われるものは、白ニキビが酸化したものです。

 

白ニキビが長期間お肌に付着した状態でいると、空気中の酸素と結合し色が黒く変色していきます。

 

他にも、赤ニキビなど色よって呼び方は変わります。

 

お肌をキレイに清潔に保つことは成長期である13歳から18歳は難しい年頃ですが、あきらめるのではなく自分の肌の状態をしり、乾燥肌なのか?脂っこいお肌なのか?

 

それぞれに対応した洗顔料を使用することでニキビの発生を抑えることにつながると言われています。


ホーム RSS購読 サイトマップ